カテゴリー別アーカイブ: Art

超現実的写真

Kusoku ze shiki
Ku soku ze shiki

新しいデジタル撮影・現像技法を考案いたしました。と言っても、現象自体はデジタルカメラの黎明期から存在するもので、表現方法として利用する人が(私が知る限りでは)いなかったというだけですが。

具体的なカメラの名前は覚えていないのですが、ベイヤー式のセンサーが発明される前はワンショットでカラー写真を撮れなかったそうです。そこでR、G、Bと光の三原色ごとにショットを撮ってそれを合成していた。ただし、この方法だと被写体ブレするものがあった場合は存在しない色が出てしまうとのことでした。

この話を聞いた時に閃きました。もし、この色をわざと技法として使えば面白いのではないか、と。試行錯誤を重ねた末に幾つか作品として納得できるものができたので、制作方法の基本をここに紹介いたします。

ほぼ同じショットが3枚必要になるので、当然ながら三脚が必要になります。派手な効果を得るには長めのシャッタースピードが必要で、できれば各ショットの時間的間隔を空けた方が良いのですが、今回は3連続で撮影した露出時間60秒のショットを例として使います。

shot#1 shot#2 shot#3

ご覧のようにほとんど変化がない3枚の写真ですが、雲と水の具合が微妙に違います。この三枚をLight RoomからPhotoshopにレイヤーとしてエクスポートします。スクリーンショットが英語なのは何卒ご容赦下さい。

Screen Shot open as layers

imported

そうしたらカラーチャンネルを使って、それぞれのショットでRGBのうちの1チャンネルだけ使うように設定します。

red

一枚目は赤だけ100%で残りは0%、二枚目は緑だけ100%という具合に指定します。

result

そうしたら一枚目の透過度を33%、二枚目の透過度を50%にして一つのレイヤーにまとめます。英語ではflattenというのですが、日本語のコマンド名を知りません。すみません。汗) で、backgroundに全部まとめたらCommand (CTRL) + Sを押して保存します。するとLight Roomに出来上がったものが現れるので、下記のような設定で調整します。

lr adjustment

結果として現れるのは以下に示したようなイメージ。ご覧のように動いている部分が玉虫色に変化します。面白いでしょ?

_A056452-Edit

という訳で、新たに開発したこの技を使って作った作品を7点ほど今回の個展では展示しています。個展は2月26日までなので、興味がある方はIsland Galleryにお越しくださいね♡

3-1L空即是色(パネル)

B1_3-2_予感(パネル)

A3_3-2 優しい荒波(黒額)tif

A3_3-2横 秘宝(黒額)

B1SQ_ASCENSION(パネル)

B1SQ ETERNITY(パネル)

A4_SQ 変幻自在(黒額)

人に真似されるだけだから種明かしはしないほうがいい、と友人たちには言われましたが、むしろ同じ技を使って他の人が作った作品を見てみたいという好奇心が強いので、公開することにしました。個展に来てくれた人たちにはすでに言っちゃってますし。「どうやってるんですか?」と訊かれて「いやー秘密です」なんて言えないですから。

P.S. 浅学にして知りませんでしたが、フィルムの頃にカラーフィルターを使って滝を撮影するという技があったそうです。私も滝でこの技を試しましたが、NDを使ってシャッタースピードを遅くすると却って分かりづらいです。恐らくシャッタースピードは速かったのでしょう。私の場合は長秒露光で時間的間隔を開けるというのが大事です。作例については個展が終わって帰宅したらわかりやすいものに差し替えます。いずれにせよ、この技法をもう少し探求してより効果的な表現を探していきます。

失われた宇宙を求めて(写真展)

Yuga Kurita Photo Exhibition "In Search of Lost Space"
Yuga Kurita Photo Exhibition “In Search of Lost Space”

2月17日(金)より東京駅近くのアイランドギャラリーにて、3度目の個展を開きます。自信作を揃えて皆様のご来廊をお待ちしています。ぜひお越しください!

栗田ゆが 写真展『失われた宇宙(そら)を求めて』

会  期 2017年2月17日[金]-26日[日] 11:00-19:00

入場無料 会期中無休 作家全日在廊

会  場 Island Gallery

東京都中央区京橋1-5-5 B1 tel / 03-3517-2125 (地図)

協  賛

マルマン株式会社 Canson Infinity

EIZO株式会社

富士に蛍

Nikon D810A + AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8E ED VR
Nikon D810A + AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8E ED VR

先日箱根にあるポーラ美術館に行ってきました。実はこの美術館の存在を知ったのは割と最近なのですが、2002年にオープンしたそうです。21世紀になってから起こった出来事は「割と最近」という感覚でうけとめてしまいがちですが、よくよく考えてみるともう14年近く経っています。ちかごろは「最近」という感覚がかなりいい加減になってしまいました。どうも自分が30歳になってから起こったことはすべて「最近」の一言で済ませてしまっているような気がします。ひょっとしたらあの頃から精神的にあまり成長していないのが原因かもしれません。

ポーラ美術館、なかなか良かったです。ルノアールやモネなどの西洋絵画が中心のコレクションでしたが、エミール・ガレなどの西洋ガラス工芸や東洋の陶磁器なども印象的でした。

美術館を訪れたのは土曜日でしたが、あまり混雑していませんでした。この美術館で一番有名な絵画はおそらくルノアールの『レース帽子の少女』なのでしょうが、5分ぐらい独占して、近づいたり離れたりして鑑賞できました。個人的にはルノアールはちょっと離れてみた方が良いなと思いましたが、混んでいる美術館では不可能ですからね。

先日、上野の東京都美術館で若冲生誕300年記念展が開催されました。ちょうど母の命日が初日だったので、お墓参りも兼ねて東京(正確に言うとお墓は川口市ですが)に戻ってみたのですが、初日でしかも金曜日だというのにすでに人がいっぱいでじっくりと鑑賞するのはとてもではないけど不可能でした。それでもまだだいぶましな方だったようで、その日以降はほぼ常に入場制限が掛かって入場するまで数時間待たされるようになったようです。京都の国立美術館で狩野派を観たときにも思いましたが、こういう大々的な展覧会で芸術品を鑑賞するのはもう無理ですね。とりあえず本物を観たという満足感以外は得られません。なにしろ少子高齢化が著しい社会ですから、平日の昼間に美術館を訪れても混んでることが多い。これからは各美術館のコレクションを調べて常設展狙いで行こうと思います。

Nikon D800E + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED
Nikon D800E + AF-S Nikkor 14-24mm f/2.8G ED

箱根から富士吉田に帰る途中で蛍を撮影して帰ることにしました。ここはマイナーな撮影スポットだと思っていたのですが、驚いたことに次から次へとカメラマンがやってきて最終的には20人ぐらいまで増えていました。お約束のフラッシュをたいて蛍を撮ろうとするような困った人も現れ、なかなか困難な撮影でしたが、この日集まっていたのはわりと平和的な人が多かったので雰囲気は悪くなかったです。だけれどもここで撮影することはもうないかな。きっと来年はさらに増えているでしょう。

富士山撮影というか日本の風景写真の撮影は新時代に突入しているような気がします。有名スポットはもちろんマイナースポットも日に日に混雑していきます。SNSで写真を公開する時代になって、撮影場所はすぐに大勢の人に知られてしまうようになりました。GPSデータ付きで撮影場所を公開するようなウェブサイトまであります。確かにそういうサイトは初心者に便利なんでしょうが、人が集まることによって不可避的にマナーが悪い人も紛れ込んでしまうので、付帯的に発生するゴミの問題や小競り合いなどのトラブルについてもすこし考えてもらいたいものです。そのうち刃傷沙汰が起こるんじゃないの? と本気で心配になることがたまにあります。

Mt. Fuji with the Chureito pagoda in spring
Mt. Fuji with the Chureito pagoda in spring

更に先ほども言ったように少子高齢化が進んでいるので平日に行っても撮影スポットが空いているとは限りません。ただしみんな季節の旬な物(田貫湖のダイヤモンド富士とか忠霊塔の桜とか)を撮りたがるので一カ所に集まる傾向があります。わたしの知人は富士山を撮っている人が多いので、SNSのストリームには同じ日に同じ場所で撮った同じ構図の写真がわんさかとアップロードされてきます。そういう状況でオリジナリティを維持するというのはなかなか大変です。逆に言えば、あえて季節の旬な物に背を向ければ、混雑に悩まされることはなさそうです。あとはそもそも行くのが大変な場所などですね。南アルプスとか。

Mt. Fuji over the Kofu basin taken from Mt. Houou in the Southern Alps.
Mt. Fuji over the Kofu basin taken from Mt. Houou in the Southern Alps.

つくづく思うのは日本は人が多すぎるということ。少子高齢化が叫ばれていますし、実際に急激な人口構成の変化は大事件かもしれません。わたしには子供がいないので少子高齢化の話題になると肩身が狭い思いをするのが常です。たしかに日本経済の将来を中心に据えた価値観では子供を作らないのは悪徳なのかもしれないけれど、グローバルな観点で言えばホモサピエンスの個体数は明らかに多すぎるのだから子供を作らないことはむしろ美徳なんじゃないの? などと自己正当化したくなるときもありますが、たんに子供が欲しくないだけです。ええ。ま、でも日本列島に一億人以上の人間が住むようになったのは1966年以降、長い日本史のなかではほんの一時期に過ぎません。今の半分ぐらいでちょうどいいような気がします。問題は多数の老人を若い世代が支えなければならないということなのでしょうが、無理して支えないでいいんじゃないでしょうか。

尊厳死とか安楽死を真剣に考えた方が良い時期にきていますよね。若い世代に過大な負担を掛けて延命治療の財源を得るなんてばかげている。わたしの母親は膵臓がんで治る見込みがまったくなかったので、辛いから早く殺してくれと何回も懇願していましたが、殺人幇助になってしまうので医師としてもどうしようもありません。激痛に苦しみながら1ヶ月間長生きすることになんの意味があるのだろう? という疑問を振り払うことはできませんでした。私ももう治る見込みがないんだったら楽に死なせて欲しいです。死ぬのは仕方ないけど痛かったり苦しかったりするのは嫌だ、って思いません? 法整備ができている海外に行って死ぬという選択肢もありかもしれませんね。それまでに悔いがないようにやりたいことをすべてやっておきたいです。

ちなみにこの写真を撮影した日(6月11日)はわたしの45回目の誕生日でした。総じて言えばなかなか良い誕生日だったと思います。祝ってくれたみなさんどうもありがとうございます。

復活のガネーシャ

私の二回目の個展『富士物語|自然の聲』が盛況のうちに幕を閉じ、二週間に渡る私の東京での生活も終わった。私にとっては年に一回の個展が一つの区切りのようになっているので、夏至が元日のようなものだ。

DSC03307Sony Alpha 7 + Canon New FD 50mm f/1.4 via a mount adapter

家に帰ると、個展が始まる前に注文していたオーダーメイドの額がちょうど届いた。額に収めるのは布に描かれたガネーシャの絵なのだが、これは約20年前にインドのプシュカルという町で買ったものだ。長期放浪旅行中だったのでなるべく余計なものは買わないようにしていたのだけど、4000ルピーで職人が手描きで作ってくれるというので頼んでみた。

インドに行くと観光客はみんな騙される。特に日本人はカモにされる。ある程度長期滞在しているとふっかけられるのに慣れてきて、インド人を信用しなくなるのだが、私はこの町に来る前にヴィパーサナという瞑想をやっていたので、すっかり心が浄化されていた。この時期は人を疑うことができず、ホイホイと言い値でいろいろな物を買ってしまったのだが、そのうちの一つがこのガネーシャだ。

続きを読む