赤石岳に登って、ニホンカモシカに遭遇した!

YUGA KURITA Japanese Serow_9E40668Nikon D800E w/ SIGMA ART 24-105mm f/4 DG OS HSM

ニホンカモシカは言うまでもなく特別天然記念物である。僕は今まで、一度も野生のカモシカを見る機会がなかった。富士山の麓に住んで、富士山撮影三昧の生活を送っているので、鹿はよく見る。しかし、カモシカは一度も見たことがなかった。この写真は南アルプスの主峰である赤石岳から降りてきて、車で家に帰る途中で撮ったものだ。

赤石岳へは通常、椹島(さわらじま)という場所から登る。しかし、この椹島は一般車の通行が禁止されている東俣林道を通らないとたどり着かない。一般人が椹島まで車で行くには、東海フォレストの経営するロッジに泊まって、その送迎バスに乗せてもらうしかない。しかし、赤石岳の登山道にある東海フォレスト経営の赤石小屋はすでに閉まっているので、意味もなく椹島に一泊しないとバスに乗れない、という厳しい状況だ。一般車両の通行を規制するなら、すべての登山者に開放されたバスを用意すべきだと思う。結果として、僕は畑薙ダムの横のゲートに駐車して、登山道入り口まで18km(往復で36km)林道を歩くという選択をした。18km林道を歩いてから、3120mの山に登山して、そこから下山してから、更に林道を18km歩くというのは想像した以上に辛かった。我が人生最大級の疲労度でした。
続きを読む