復活のガネーシャ

私の二回目の個展『富士物語|自然の聲』が盛況のうちに幕を閉じ、二週間に渡る私の東京での生活も終わった。私にとっては年に一回の個展が一つの区切りのようになっているので、夏至が元日のようなものだ。

DSC03307Sony Alpha 7 + Canon New FD 50mm f/1.4 via a mount adapter

家に帰ると、個展が始まる前に注文していたオーダーメイドの額がちょうど届いた。額に収めるのは布に描かれたガネーシャの絵なのだが、これは約20年前にインドのプシュカルという町で買ったものだ。長期放浪旅行中だったのでなるべく余計なものは買わないようにしていたのだけど、4000ルピーで職人が手描きで作ってくれるというので頼んでみた。

インドに行くと観光客はみんな騙される。特に日本人はカモにされる。ある程度長期滞在しているとふっかけられるのに慣れてきて、インド人を信用しなくなるのだが、私はこの町に来る前にヴィパーサナという瞑想をやっていたので、すっかり心が浄化されていた。この時期は人を疑うことができず、ホイホイと言い値でいろいろな物を買ってしまったのだが、そのうちの一つがこのガネーシャだ。

続きを読む