Topaz Sharpen AI Review

日本語
I got an email notifying me of the release of Topaz Sharpen AI, a program that enhance details and fix out-of-focus/blurred shots. I initially expected that it was something similar to Adobe Enhance Details, which slightly enhanced the details of some specific shots and didn’t work for many other images. Topaz provided a demo fully-functional for 30 days, so I decided to give it a try.

Honestly speaking, I didn’t expect much. AI is the buzz word these days. Every company claims that their products feature wonderful AI but usually such AIs underperform my expectations.

I tell you the conclusion first so that you don’t have to waste your time. I was very very impressed with Topaz Labs’ technology. It doesn’t work perfectly well with all images and it has some drawbacks, but the overall technology is really AMAZING.

Let me show you some images I processed using this software.

original image
Nikon D810E + AF-S Nikkor 28-300m f/3.5-5.6 VR

The first example is a landscape photograph I took during my travels in Australia. It was a typical situation for travel photographers: I had to take this photo with my 28-300mm utility zoom lens.  There’s no problem with the focus or camera shake, but it was simply that the lens was soft particularly at the edges.


Before/after at center


Before/after at edge

I was blown away. The following settings were applied. If you feel it’s a little too sharp at the center, turn Remove Blur down to, say, 0.40 and blend them together in PhotoShop using the circular gradation tool on a layer mask.

Screen Shot 2019-03-02 at 2.41.44
Settings

As soon as I started using this software I noticed something unusual — It is really slow! This program is extremely CPU/GPU intensive, so you need to run it on a fast PC. My 27″ Retina iMac is not too slow (Core i7 7700K 4.2GHz with Radeon Pro 8GB and 40GB of RAM), but it runs really slow on my computer. If you turn off Automatically Update Preview switch at the right bottom of the window, it runs smoothly but you need to check out the preview to make appropriate settings. The workaround I found was to keep the preview size as small as possible — then it ran a little faster. Still slow but  somewhat bearable.

Olympus OM-D E-M5 with 14-150mm F4-5.6

OK let’s move on to the next example. This photo was again taken with a utility zoom lens. I took this shot when I lived near the building (Tokyo Metropolitan Government Building) several years ago. The original image was slightly out of focus. Perhaps I should’ve fixed the purple fringe in Lightroom in advance. But the Sharpen AI enhanced the details dramatically and also removed the purple fringe to some degree.


original size before/after at the center


original size before/after at the edge

Settings

So far this program is really amazing. But it doesn’t always work perfectly well. 

Nikon D800E + SIGMA 50mm F1.4 ART

This shot was taken with the SIGMA ART 50mm F1.4, so it’s actually very sharp and doesn’t really require any further sharpening ,but I tested it, too.


Before/after around the center


Before/after at trees in the shadows (brightened a little to make them more visible)

Settings

The AI successfully sharpened the image except for the trees hidden in the shadows. The original was much better in this particular area. So you need to know how to blend two images using a layer mask in Photoshop to fully appreciate this software.

Nikon D800E+Nikkor 70-200mm f/4G ED VR

How does it work on photos with a shallow depth of field? I tested the AI with the above example shot.


Before/after around the center


Before/after in the defocused area

Settings

To my surprise, it sharpened the focused part and also smoothened (or reduced the noise at) the defocused part.

The focused and defocused areas were easily distinguishable in the above example. Let’s try it with another sample in which the amount of bokeh varies within a single subject.

Olympus E-M5 + a MF lens (but I don’t remember the name.)

You might wonder why I couldn’t focus on a cat who stayed still. Well I manually focused using an old lens… It’s a shame to show you such a badly taken photo but it is a good example for the review.

Settings

This settings couldn’t fix the focus. So let’s try another algorithm.

Settings

A little better. But not very natural. Maybe you can blend it with the original to make it look as if the focus is on the nose of the cat. I need to test more photographs to draw a conclusion but I guess that the AI is not very good at handling this sort of photographs, that is, the amount of bokeh varies dramatically within a single subject.

Nikon D800E + Nikkor 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

The last example is a photo of an eagle I took in Australia with the 28-300mm utility zoom. I spotted an eagle while driving in the outback. I quickly pulled over the car and took this shot but unfortunately the camera couldn’t AF well.

Wow! I was utterly gobsmacked at the result. It’s magic! isn’t it?

But it also sharpened defocused areas in an unnatural way as well. So I’d need to blend the sharpened image with the original in Photoshop. I don’t explain how to blend them in Photoshop in this article, as it is already too long and I want to focus on the AI.

BOTTOM LINE: This product doesn’t work perfectly for every photo but works wonders on many photos. I highly recommend Topaz Sharpen AI if you have a fast computer. I bought it. I would be delighted if I could use PayPal though.

———- The following part is the same article translated in Japanese ———-

驚嘆!Topaz Sharpen AIが信じられないぐらい凄い

Topaz LabsからSharpen AIのリリースを知らせるメールが届いた。どうもAdobeのEnhance DetailsやShake Reductionのように、ヌルい画像をシャキッとさせたりフォーカスやブレの問題を修正したりするソフトのようだ。Adobeのほうは正直言ってあまり感動しなかった。Shake Reductionは実装後に何度か使用しただけですぐに使わなくなったし、Enhance Detailsもあまり劇的な効果はない。まったく効きが判別つかない写真も多いし、14bitのRAWファイルが12bitのDNGになってしまうことを考えると多用する気になれない。たまにPanasonic GH5のRAW(もともと12bit)で使う程度だ。

正直言ってTopazにもあまり期待していなかったが、30日間無料で試せる制限なしのデモを用意してくれているし、ローンチプライスは割引なので使える場合は早々にゲットする必要がある、ということで試してみた。先に結論を書いておくが、このAIは本当に凄い。Adobeと違って盛大に失敗することもあるが、上手くいったときは完全に魔法の領域だ。 

original image
Nikon D810E + AF-S Nikkor 28-300m f/3.5-5.6 VR

最初の例を見てみよう。これは南オーストラリア州のBreakawaysという僻地で撮った写真だ。旅行の際には持っていける装備が限られるので、ついつい高倍率の便利ズームを多用してしまうが、このショットもニコンの28-300mmVRで撮影したものだ。高倍率ズームは便利な半面、画質面では大三元ズームや単焦点にだいぶ劣る。ここではピントも合っていてブレもないがレンズの解像度がそもそもイマイチ、という写真をどれだけ補正してくれるのか検証したい。


中心部における等倍比較


隅での比較

これはいきなりびっくりだ。信じられないぐらいシャープになっているし、効きも自然だ。四隅が酷いのでちょっと強めにかけたが、中心部はややシャープネスがキツイかもしれない。こういう場合は、たとえばRemove Blurを0.80にした周辺用バージョンと0.40の中心部バージョンを作成して、Photoshopでレイヤーマスクに円形グラデーションを掛けて混ぜてやると良いかもしれない。

Screen Shot 2019-03-02 at 2.41.44
Settings

使い始めるとすぐにこのアプリが異常に重いことにびっくりする。CPU/GPUへの負荷が半端ではないので、このソフトを使うためには高速なPCが必須だろう。私の2017 27インチRetina iMacはBTOで一番速くしてあるのだけれど、それでも非常に重い。正直言って、これだけ重いとすべての写真で試そうという気がしない。画面右下にある [Automatically Update Preview] というスイッチをオフにすると劇的に軽くなるが、プレビューを見ないと正しく調節することができないのであまり意味がないだろう。とりあえずウィンドウをできるだけ小さくすることでプレビューの速度があがる。気になるところに合わせて調節して、全体の等倍チェックはプロセス後の画像で行ったほうが良いだろう。

Olympus OM-D E-M5 with 14-150mm F4-5.6

次の例は微妙にピントがずれているケースだ。都庁の近所に住んでいた頃に便利ズームで撮影した。今にしてみればなんでこんなショットを撮ったのか謎だが、ついに日の目を見る時が来たようだ。この写真の修復でもSharpen AIは素晴らしい仕事をしてくれた。見ての通りパープルフリンジも除去してくれるが少し残ってしまうので、前もってLightroomでブラシを使って除去してからSharpen AIを使ったほうが良いだろう。


中心部


Settings

素晴らしく効果があった例を2つほど見てきたが、常に完璧に動作するわけではない。次はSharpen AIがちょっと失敗してしまった例を見てみよう。

Nikon D800E + SIGMA 50mm F1.4 ART

このショットはSIGMAの50mm F1.4 ARTで撮影しているので、もともとかなり解像感が良い。普通ならばわざわざこのようなソフトを使うことはないが、もともとシャープな画像がどうなるのか確認したくて持ち出してみた。


中心付近


影に隠れた木の部分(分かりづらいので少し明るくしています)

Settings

中心部は更にシャープになっているけれど、シャドウの中に密かに存在していた木を正しく認識するのに失敗して台無しにしてしる。このように失敗することもあるので、AIを盲信せずに処理後の画像は必ず等倍チェックしましょう。このようなケースもPhotoShopでレイヤーマスクを使用して良いところ取りをするのがおすすめです。

Nikon D800E+Nikkor 70-200mm f/4G ED VR

被写界深度が浅い場合にもAIはちゃんとフォーカス部とボケた部分を認識して処理してくれるのだろうか? 結論から言うと、成功するケースも失敗するケースも両方あります。まずは成功したケース。


中心部のススキ


ボケた部分

Settings

フォーカス部分をシャープにするだけではなく、ボケた部分のノイズが少なくなってスムーズになってます。とはいえ、このケースはフォーカス部とボケ部の差がわかりやすい構図でした。もうちょっと奥行きの変化が複雑な例でも試してみます。

Olympus E-M5 + a MF lens (but I don’t remember the name.)

プロのくせになんで座った猫にフォーカスできないんだw? と、思うかもしれませんが、アマチュアの頃にオールドレンズで撮りました(←言い訳)。こんな失敗作を見せるのは恥ずかしいのですが、商品の性質から言って失敗例がないと意味がないので、見せることにします。

Settings

上記の設定では不自然な感じで不自然な部分を修復してしまうので使えません。

Settings

これだと幾分マシになります。例によってフォトショップで元のショットと上手に混ぜれば、鼻にピンがあたっているような写真にできるかもしれません。が、メインの被写体におけるボケ量の変化が激しい写真には基本的に向いていないような気がします。

Nikon D800E + Nikkor 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

これが最後の例です。オーストラリアの僻地をドライブ中に鷹を発見したので、慌てて停車して便利ズームで撮ったものですが、AFがちゃんと合焦してくれませんでした。

これは凄い。。。もはや魔法の領域だと思います。

しかしながら、ボケた領域も不自然な感じで変化してしまっているので、このままでは使えません。例によってPhotoshopでレイヤーマスクを使ってオリジナルと混ぜでやる必要があるでしょう。フォトショップの使用方法についてはこの記事では言及しません。検索すればたくさん出てくると思います。

結論:すべての写真で完璧に動作するタイプのソフトではないが、うまくいくと本当に素晴らしい仕事をしてくれる。遅いコンピューターで使うのは実用的ではないけれど、速いパソコンを持っているのならば超お勧めです。Photoshopの基本的な使用方法を理解していると、さらに有効に活用できるでしょう。30日間制限無しで動作するデモ版も用意されているので、実際に試してみて下さい。

私はもう買いました。で、買った後にちょっと厄介だったのがアクティベーションの方法。普通、この手のソフトは入金後しばらく経つとActivation Keyが記載されたメールを送ってくるのですが、いつまでたっても届かない。調べてみると、アクティベーションキーは使用せずに、ソフトからログインすることで認証されるシステムらしい。画面左上の [Help] の中に Update your personal infoだかVerify your accountだかそんな感じのメニューアイテムがあって、それをクリックしたら認証されました。うろ覚えですみませんが、一度認証してしまうと再現不可能なようなので、正確なUIはわかりません。が、とにかくHelpの中に入ってます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *